夏のワキガ臭を改善したい!ワキガ治療でワキガを治す|美容外科 美容整形 西新宿杉江中央クリニック

03-5338-5511

カウンセリング予約 メール相談

COLUMN夏のワキガ臭を改善したい!ワキガ治療でワキガを治す

 

どうする?夏のワキガ臭対策

 
ワキガの人にとって、夏はどうしても警戒レベルを上げなくてはいけない厄介な季節です。
 
大量に「汗」をかく夏は、臭い対策により一層力を入れなければなりません。
 
しかし、汗を沢山かくからといって、夏にワキガがひどくなるわけではありません。
 
夏場に臭いが強くなる本当の理由を知って、夏のワキガ臭対策に備えましょう!
 
 
 
 

まずは知りたい!ワキガのメカニズム

 

 
ワキガになりやすいか否かは元々の体質によるものです。
 
ワキガになりやすい人、それはズバリ 「アポクリン汗腺の量が多い人」です。
 
 
人間には「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」という二つの汗腺があり、「エクリン汗腺」は体温調整のための汗腺で、汗の成分の99%は水分なので、臭いはほとんどありません。
 
一方「アポクリン汗腺」はワキガと深い関係があります。
 
アポクリン汗腺から分泌される汗はタンパク質・糖類・アンモニア・鉄分・脂質・脂肪酸など、臭いに発展する物質が多く含まれています。
 
 
人によって、「アポクリン汗腺」の量には個人差があり、「アポクリン汗腺」の量が多い人ほどワキガになりやすいということになります。
 
 
 
 

夏にワキガ臭が悪化する理由

 

汗を沢山かく夏にワキガ自体が悪化するという考えは間違いです。「アポクリン汗腺」からの老廃物を多く含んだ汗は、汗をかく機会が少ないほど老廃物の濃度が高まり、ワキガは悪化するものです。ですからワキガ自体が悪化しやすいのはむしろ冬場と考えるのが正しいでしょう。
 
 
夏に注意すべきは、ワキガ自体の悪化でなく、ワキガ臭の悪化です。
 
その理由は2つ・・・
 
 
夏場は雑菌が繁殖しやすい
 
真夏の平均気温は30度から35度前後。これは雑菌が最も活発化する温度です。加えて高い湿度がさらに雑菌を繁殖させます。アポクリン汗腺からの汗に含まれた雑菌が活発化すれば、通常より強烈なワキガ臭を放ってしまうことに・・・
 
 
夏場は汗でワキガ臭が拡散されやすい
 
雑菌が繁殖して、強烈な臭いを含む汗が、服に染み込むことで臭いを定着させてしまいます。また、大量にかく汗がワキガ臭を広範囲に運んでしまうので、ワキガ臭が全身に拡散してしまうことに・・・
 
 
 
 

どうすればよい?夏のワキガ臭対策

 
正しい対策をとれば、夏のワキガ臭の強さや拡散を抑えることは可能です。
 
夏のワキガ臭対策のポイントは2つ!
 
 
ポイント1・雑菌を繁殖させない
 
ポイント2・汗を吸い取り、臭いを拡散しない衣服選び

 
 

1 汗脇パットは使わない

 
汗ジミ防止に欠かせない汗脇パットですが、ワキガの人にはおすすめできません。普通の繊維よりも汗を吸収する汗脇パットは、臭いの原因物質が凝縮され、強い臭いと変化しやすいのです。そして汗脇パットは常在菌の温床となり、菌を繁殖させさらにワキガ臭を強くしてしまいます。
 
脇汗パットには頼らず、小まめにタオルなどで汗を拭き取ることが大切です。
 
 

2 ノースリーブは着ない

 
風通しが良いノースリーブはワキガの人にとって好都合と思われがちですが、ノースリーブは汗が吸収されることなく皮膚表面に残るので、どんどん雑菌が繁殖されてしまいます。
 
さらに、脇を開くたびに臭いがダイレクトに拡散されてしまいます。
 
 

3 天然素材の服を選ぶ

 
ポリエステル、アクリル、ポリウレタンなどの化学繊維は吸水性がないため、汗がそのまま皮膚表面に残り、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。
 
夏場に限らず、ワキガの人は吸水性と吸着力のある天然素材、綿100%の服(特に下着は)をチョイスするのがベストです。
 
ただし、近年、化学繊維の研究は目覚ましく「吸汗速乾機能」「消臭・防臭機能」を備えた衣類が次々と開発されています。試してみる価値はありそうです。
 
 
 
 

「ワキガ治療」でワキガを治す!

 
いくつか夏のワキガ臭対策をご紹介させていただきましたが、ワキガを根本から改善したい方は、医療機関でのワキガ治療をおすすめします。
 
以前はワキガ治療と言えば、メスを使った手術が主流でしたが、注射を用いる方法や、高周波を使った治療法もあります。(ワキガの程度によります。)
 
当院のワキガ治療・多汗症治療は、4つの治療方法をご用意しています。
 
●注射による治療
 
●切らないワキガ治療ビューホット
 
●Wトリミング法
 
●イナバ式シェービング法
 
 
患者様の症状やご希望に合わせて、適した方法をご提案いたします。
 
 
 
まずは、無料メール相談、無料カウンセリングよりお待ちしております。
 
 
 
当院のワキガ治療・多汗症治療はこちら→
 
 
 
 
記事監修:西新宿杉江中央クリニック

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-644
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

診療内容

お肌

スキンケア
スキンケアについて
しみレーザー治療
フォトフェイシャル
picoトーニング
ダーマペン
ビタミン注射・美白
プラセンタ注射
サプリメント
しわ・たるみ
しわ・たるみについて
フェイスリフト
ハッピーリフト
ファインリフト(ショッピングリフト)
シルエットリフト
脂肪注入法
ヒアルロン酸注入法
ヒューマンコラーゲン
ボツリヌストキシン注射
ジュビダームビスタ
脱毛
脱毛について
女性脱毛
タトゥー・刺青除去
タトゥー・刺青除去について
コンビレーザー・レーザー除去法・切除法・剥離削除(ハクサク)法

ボディ

豊胸・バスト
豊胸・バストについて
豊胸インプラント
豊胸脂肪注入法
プチ豊胸術(ヒアルロン酸注入)
陥没乳頭
乳頭縮小術
乳輪のブツブツ除去
乳輪縮小
瘦身・ダイエット
瘦身・ダイエットについて
脂肪吸引
ファットインパクト
小顔注射 BNLS
メソセラピー(脂肪溶解)
ふくらはぎ瘦身(ボツリヌストキシン注射)
ダイエット内服薬
多汗症・わきが
多汗症・わきがについて
注射・Wトリミング法・イナバ式シェービング法 ビューポット
婦人科形成
婦人科形成について
腹圧尿失禁治療
小陰唇縮小術
クリトリス包茎治療
処女膜再生治療
会陰(出産時傷跡修正)治療
膣縮小術
プティレディ レーザー膣縮小

二重まぶた・目元
二重まぶた・目元について
埋没法
切開法
目頭切開
脂肪除去法
上瞼のくぼみ
上瞼たるみ取り
下瞼たるみ取り
涙袋形成
鼻整形
鼻整形について
注入によるプチ隆鼻術
プロテーゼによる隆鼻術
小鼻縮小術
鼻尖縮小術
クレオパトラノーズ

その他

女性薄毛治療
女性薄毛治療について
HARG療法・内服薬・外用薬
ピアス
ピアスについて
ピアス
ホクロ・イボ除去
ホクロ・イボ除去について
ホクロ・イボ除去
傷跡治療
傷跡治療について
傷跡治療
疲労回復注射
疲労回復注射療について
にんにく注射
内服薬・サプリメント
内服薬・サプリメントについて
内服薬・サプリメント
  • 保護者同意書ダウンロード

西新宿杉江中央クリニック