肝斑かどうかの診断と治療法|美容外科 美容整形 西新宿杉江中央クリニック

03-5338-5511

カウンセリング予約 メール相談

COLUMN

肝斑かどうかの診断と治療法

最終更新日:
公開日:

 

エイジング世代の3人に1人が肝斑

女性イメージ
40代50代のエイジング世代の多くの女性の悩みであるシミ。
 
老けた印象を与えてしまうシミの存在は大きなストレスになります。
 
 
ファンデーションやコンシーラーで隠せる範囲だとしても、化粧が厚塗りになって益々老けた印象を作ってしまうことも…
 
 
さて、そのシミは本当に「シミ」でしょうか?
 
実は、エイジング世代の3人に1人にみられるのが「肝斑」の症状です。
 
 

短時間で急速に広がった
 
左右対称にぼんやりと出ている
 
面積が広くて隠しきれない

 
 
このような特徴があてはまるようでしたら、
それは「シミ」ではなく「肝斑」を疑うべきです!
 
 
 
 
 
 
 

肝斑はシミとは違うの?

 
肝斑は最近になってその存在が知られて来ましたが、まだなじみが薄く、肝斑であるとは知らずに悩んでいたという方が意外と多くいらっしゃいます。
 
 
まず「肝斑」と「シミ(老人性色素斑)」は発生するメカニズムが全く異なります。
 
 
 
・一般的なシミ(老人性色素斑)
 
紫外線によるメラニンの過剰生成が原因で発生します。
 
 
 
・肝斑
 
主に女性ホルモンのバランスが影響して発生します。
女性ホルモンのバランスに変化が訪れる30代〜40代に出始め50代後半まで症状は続きますが、閉経とともに薄れる人や消滅する人もいます。
 
 
 
 
 
 
 

肝斑の特徴

 
鏡を見る女性

肝斑の症状や出現のタイミングにはいくつかの特徴があります。
 
これらの特徴に当てはまるものがある方は肝斑の可能性を疑ってよいでしょう。
 
 
1.ほほ骨に沿って左右対称に広がっている
 
2.目尻の下に左右対称に広がっている
 
3.目の周りを避けるように両頬に広がっている
 
4.額の中央や口周辺などにも広がっている
 
5.30歳〜40歳頃に突然出現した
 
6.妊娠・出産がきっかけで目立つようになった
 
7.季節によって濃さが変わる
 
8.体調によって濃さが変わる
 
9.レーザー治療で悪化したことがある
 
 
 
※老人性色素斑と重なってぼんやりと薄く広がっているケースもあります。
 
 
 
 
 
 
 

肝斑の治療法

 
肝斑治療で最も重要なのは、それが本当に肝斑であるかどうかの正しい診断です。
一般的なシミ治療と肝斑治療とでは大きく治療法が異なります。
 
 
肝斑と診断されれば、トラネキサム酸の内服での治療で改善が期待できます。
そして肝斑であれば普通のレーザー治療では、レーザーの肌刺激がかえって症状を悪化させてしまうことになります。
 
 
また、肝斑と一般的なシミ(老人性色素斑)を併発しているケースも多くありますので、しっかりと肌状態を把握するためにも、専門医のいる医療機関での正しい診断が不可欠と言えるでしょう。

 
 
 
 
 
 
 

肝斑にも対応できるレーザー治療「ピコトーニング」

 
ピコトーニング

肝斑へのレーザー治療は色素沈着を引き起こすリクスがあるため禁忌行為とされてきましたが、当院の「ピコトーニング」は肝斑治療にも対応できる治療法です。
 
 
ピコトーニングは、ピコレーザーの出力を調整して、ターゲットとなる箇所にシャワーのように照射することでメラニン色素を少しずつ分解、排出して肝斑・シミ・くすみなどを薄くしていく治療です。
 
 
ピコレーニングはピコ秒という極めて短い照射時間のため、お肌に余分な刺激を与える事なくメラニンを破壊し、色素沈着のリスクを回避することが可能です。
 
 
また、治療時の痛みも少なく、施術時間は約10分ほど。ダウンタイムもほとんどないのが特徴です。
 
 
肝斑の改善はもちろんのこと、一般的なシミ・くすみ・毛穴の開き・ニキビ・ニキビ跡の改善にも効果を発揮します。
 
肝斑と一般的なシミが混在している症状の方にもおすすめできる治療法です。
 
 
また、当院は肝斑やシミの改善に効果のある、内服薬や外用薬の処方も行なっていますので、ぜひお気軽にご相談ください。
 
 

 
 
当院のピコトーニング治療→詳しくはこちら
 
 
まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください→

 
 
 
 
 
 
 

記事監修:西新宿杉江中央クリニック

アクセス

  • JR新宿西口より徒歩5
  • 大江戸線 新宿西口出口 D5より徒歩1
    (新宿駅から繋がっています)
  • 西武新宿駅より徒歩4
名称
医療法人 陽水会 西新宿杉江中央クリニック
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-644
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)

診療内容

お肌

シミ・そばかす・肝斑
シミ・そばかす・肝斑について
レーザー治療
フォトフェイシャル
picoトーニング
水光注射
ダーマペン
ビタミン注射・美白
プラセンタ注射
サプリメント
しわ・たるみ
しわ・たるみについて
ウルトラセルQプラス
フェイスリフト
ハッピーリフト
ファインリフト(ショッピングリフト)
シルエットリフト
脂肪注入法
ヒアルロン酸注入法
ベビーコラーゲン
ボツリヌストキシン注射
ジュビダームビスタ
脱毛
脱毛について
女性脱毛
メンズ脱毛
タトゥー・刺青除去
タトゥー・刺青除去について
タトゥーリムーバー法
ピコレーザー治療
切除法
剥削(ハクサク)法

ボディ

豊胸・バスト
豊胸・バストについて
豊胸インプラント
豊胸脂肪注入法
プチ豊胸術(ヒアルロン酸注入)
陥没乳頭
乳頭縮小術
乳輪のブツブツ
(モントゴメリー腺)除去
乳輪縮小
ベイビーニップル
瘦身・ダイエット
瘦身・ダイエットについて
ベイザー脂肪吸引
ファットインパクト
小顔注射 BNLS
メソセラピー(脂肪溶解)
ふくらはぎ瘦身(ボツリヌストキシン注射)
ダイエット内服薬
ワキガ・多汗症
ワキガ・多汗症について
ハイブリッドドライ©
イナバ式シェービング法
ビューホット
Wトリミング
(ベイザー波使用)
Wトリミング法
注射による治療
婦人科形成
婦人科形成について
尿漏れ治療(腹圧尿失禁治療)
小陰唇縮小術
クリトリス包茎治療
副皮切除
処女膜再生治療
会陰(出産時傷跡修正)治療
膣縮小術
レーザー膣縮小(プティレディ)

二重まぶた・目元
二重まぶた・目元について
埋没法
切開法
目頭切開
脂肪除去法
上瞼のくぼみ
上瞼たるみ取り
下瞼たるみ取り
涙袋形成
鼻整形
鼻整形について
注入によるプチ隆鼻術
プロテーゼによる隆鼻術
小鼻縮小術
鼻尖縮小術
クレオパトラノーズ

その他

女性薄毛治療
女性薄毛治療について
HARG療法・内服薬・外用薬
ピアス
ピアスについて
ピアス
アートメイク
アートメイクについて
アートメイク
ホクロ・イボ除去
ホクロ・イボ除去について
ホクロ・イボ除去
傷跡治療
傷跡治療について
傷跡治療
疲労回復注射
疲労回復注射療について
にんにく注射
内服薬・サプリメント
内服薬・サプリメントについて
内服薬・サプリメント
  • 医療広告規制の対応について
  • 保護者同意書ダウンロード

西新宿杉江中央クリニック